まっしろなきゃんばす

ジャニーズ、お笑い、演劇、ミュージカル。好きを叫ぶ。

乱鶯



久しぶりの投稿です。飽き性は幼い頃から自覚しています。

自分用にどうしても残しておきたい感想があるので、今回はただただ書く。文章がおかしいところがあるかもしれません、先に謝っておきます。すみません。




先日、梅田芸術劇場にて、劇団☆新感線「いのうえ歌舞伎≪黒≫BLACK 『乱鶯』」を観劇してきました。

まだ全公演終了していないので、ネタバレがない程度に。


劇団☆新感線の名前は、演劇が好きな人なら必ず知っていると言っても過言ではないのではないでしょうか。

作家のいのうえひでのりさんが主宰し、映像作品でも活躍している俳優さんも所属する有名な劇団です。


そんな新感線の2016年春興行が、この「乱鶯」。

古田新太さんをはじめ、稲森いずみさん、大東駿介さんなど、演劇に興味のない人でも知っているような豪華な出演者。



私は学生なので、ありがたく特権を行使し、「ヤングチケット」というもので通常よりお安く観劇させていただきました。

ちなみにお席は3階最後列の上手端。大きな劇場のため遠さはありましたが、1階からは見られないであろう舞台装置にも少し目を向けることができ、そちらにも興味がある私にはさらにお得でした。



いのうえ歌舞伎を観劇するのは初めてだったのですが、過去作品を観られた方の感想や、単純にフライヤー、ホームページ等の宣伝媒体からの印象で、なんとなく学生の私には重いかな、暗いかな、堅いかな、というイメージでした。

さらに今回はただのいのうえ歌舞伎ではなく、「≪黒≫BLACK」。

少し気を張って観劇した私は、とにかく度肝を抜かれました。


ボキャ貧の私には「素晴らしい」「最高」としか表しようがない舞台です(笑)


たしかに、人がたくさん死にます。めちゃめちゃ斬られます。私も思わず顔を覆いそうになりました。

ただそこはさすが新感線。3時間近くの公演でしたが、笑えるところがたくさんありました。

大東さんも大阪出身の方ですし、その他の出演者の方々ももちろん経験が違います。

古田さん演じる鶯の十三郎をはじめ、橋本じゅんさん演じる悪役の火縄の砂吉ですら、おもしろいんです。


ただ重く、堅いだけではない歌舞伎。それが、劇団☆新感線のいのうえ歌舞伎、なのかなと思いました。



もちろん人が死ぬシーンも、時代劇には欠かせないですが、そこで目を奪われるのは華麗な殺陣と巧妙な舞台装置。
血がちゃんと飛び散るんです。障子に。

さすがに上から見ていても仕組みがわかりませんでした。あれはどうしても知りたい。誰に聞けばいいですかね(笑)


全体を通して、個人的には、橋本じゅんさんの火縄の砂吉、高田聖子さんのお幸が好きでした。


女子供関係なく斬り捨ててしまう外道をゆく大泥棒の砂吉は、これまでの私の橋本さんへのイメージとはかけ離れたものでしたが、とにかくワルい橋本さんはとってもかっこよかったです。


高田さん演じるお幸は、芯の通った強い女性で、最期まで店の者たちを守ろうとする姿に心を奪われました。



ここまで書いて、ネタバレをしないように、と思うとなかなか難しくなってきました…もうすでに若干のネタバレありますね(笑)



今年の夏には、生田斗真くん主演の「Vamp・Bamboo・Burn」があります。

ジャニーズWEST神山智洋くんの出演も決まっていて、私と同じ世代の、演劇に興味がなかったような子達がいま、新感線に注目しています。


普通に生活している中で、なかなか「舞台を観に行きたい」とは思わないかもしれません。

ですがこの機会に、新感線の、そして演劇の素晴らしさに気づいてくれる同志が増えますように。